『平田弘史交遊会』について

『平田弘史交遊会』は、劇画作家・平田弘史の作品情報と関連商品の発信を行うため、ファン有志により運営されています。

当会について、堅苦しい参加条件は一切ありません。公式Twitterのフォロー、またはFacebookページへの「いいね」をお願いします。

平田弘史プロフィール

平田弘史(ひらたひろし)
1937年2月9日、東京都板橋区生まれ。本名・弘。
1958年、一晩で処女作「愛憎必殺剣」を描き上げ、大阪の貸本漫画出版社・日の丸文庫に即採用され、デビュー。それまで漫画を一度も描いたことがなかったが、以後独学で修練し、貸本短編誌『魔像』を中心に作品を発表する。さらに、劇画ブームのさなか、瞬く間に時代劇画の第一人者となり、『コミックMagazine』『週刊少年キング』『増刊ヤングコミック』『週刊漫画ゴラク』『週刊ヤングマガジン』『月刊アフタヌーン』等の雑誌で活躍した。一方で、力強い毛筆による書も高く評価されており、大友克洋「AKIRA」の題字など数多く手掛けている。自宅に工房を持ち、趣味の機械工作はプロ級の腕前。シンセサイザー音楽の作曲、映写機の研究・製作を行い、自作のHPで公開中。
2013年、第42回日本漫画家協会賞文部科学大臣賞を受賞。2017年1月3日~3月26日まで初の原画展を東京・弥生美術館で開催。

PAGE TOP
MENU